シングルクリックでの一般的な腎臓病の予防とケア腎疾患の発生率は非常に速く増加しています。防止し、腎臓の問題の世話をするためにミッションに参加

« Table of Contents

第章 3 腎臓病の症状

腎臓病の症状は人によって様々であり、原疾患とその重症 度に大きく依存しています。時に症状は全身におよびはっ きりしないため、早期発見が難しくなります。

腎臓病共通の症状

  • 顔面の腫脹
    顔面、下肢および腹部の腫脹は腎疾患によく認められ る所見です。腎疾患に伴う腫脹は、眼瞼から始まり特 に朝に強く認められる事が特徴的です。 腎不全は腫脹の一般的で重要な原因の一つとなってい ます。しかし、腎不全では必ずしも腫脹を認めないこ ともある事を留意しておいてくださいべ。いくつかの 腎臓病(例えばネフローゼ症候群等)は腎機能正常で も腫脹を認めます。同様に、著明な腎機能障害があっ ても全く腫脹が認められない事があるという事を覚え ておくとよいでしょう。
  • 食思不振、悪心、嘔吐
    食思不振、異味症、食事量低下は腎不全患者に共通し て認められる症状の一つ
です。腎機能障害が進行する

につれ尿毒素が増えるため、悪心、嘔吐、吃逆を認め るようになります。

  • 血圧上昇—高血圧
    腎不全患者の多くは高血圧です。30 歳以下の若年の高 血圧や異常に高い血圧値であった場合、腎臓が原因で あることがあります。
  • 貧血と虚弱
    全身の虚弱、易疲労、集中力低下、顔色不良は貧血(つ まり低ヘモグロビン血症)の主症状です。時々、慢性 腎不全の初期症状としてあらわれます。通常の治療法 に抵抗性の貧血の場合、腎不全を否定する必要があり ます。
  • 不定愁訴
    下背部痛、全身痛、掻痒感、下肢のつりは腎不全患者 によく認められます。小児腎不全患者では成長障害、 低身長、下肢長幹骨の変形も一般的に認められます。
  • の異常
    一般的な尿の異常は以下になります;
  1. 尿量低下とそれによる腫脹は多くの腎臓病で非常に多 く認めらる。
  1. 排尿時灼熱感、頻尿、血尿、膿尿は尿路感染症の症状 である。
  2. 尿流が妨げられると排尿困難、排尿遅延、尿勢低下な どが生じる。非常に重症例では尿が出なくなることも 珍しくない。

これらの症状や兆候は必ずしも腎障害の患者に認められ るとは限りません。しかしこのような症状が認められる場 合、受診して腎機能の精査をおすすめします。

重要なのは、重症な腎障害でも自覚症状が全くないまま長 期間放置される恐れがあるということなのです。

wikipedia
Indian Society of Nephrology
nkf
kidneyindia
magyar nephrological tarsasag