シングルクリックでの一般的な腎臓病の予防とケア腎疾患の発生率は非常に速く増加しています。防止し、腎臓の問題の世話をするためにミッションに参加

« Table of Contents

第章 4 腎疾患の診断

時宜を得た一針は九針の手間を省く(”A stitch in time saves nine”)」ということわざは、腎疾患の治療にも通 じます。CKD(chronic kidney disease : 慢性腎臓病)は 不可逆的であり、ESKD(end stage kidney disease:末期 腎不全)の治療にかかる費用は莫大となります。腎疾患は 無症候性のこともあり、当初は何も症状として現れないケ ースも多くあります。腎疾患の診断が早期に出来たならば、 より治療は簡便となります。よって腎疾患が疑われるなら ば、 どの段階においても、 早急な検査、 診断が望まれます。

どのような方が腎疾患を疑い検査を進めるべきでしょう か?どのようなケースが腎疾患の高リスクとなるのでし ょうか?

どんな人も腎疾患になる可能性がありますが、以下の様な リスク因子があります。

  • 腎疾患の症候をきたしている人
  • 糖代謝異常のある人
  • コントロール不良の高血圧の人
  • 腎疾患や糖尿病、高血圧の家族歴を有する人
  • 喫煙や肥満、60歳以上の高齢者
CKD の初期では無症候性のことが多く、検査所見のみで 診断可能となる6
  • 鎮痛薬の長期内服歴のある人
  • 尿路の先天性異常の既往がある人

以上の様なリスクを持つ患者さんのスクリーニングは、腎 疾患の早期診断に役立ちます。

どのように腎疾患を診断するでしょうか?検査の一般的 な方法な?

腎疾患の診断を進めるに当たり、詳細な現病歴の聴取、十 分な身体所見や血圧等の所見の確認をし、それから適切な 検査をオーダーします。定期的に行われる最も有用な検査 としては、

  1. 尿検査
    複数の尿検査が腎疾患の鑑別に有用となります。
ルーティンでの尿検査
  • 単純かつ安価であり、非常に有用な検査です。
  • 尿検査での異常所見は重要な診断へのヒントとなりま すが、尿検査が正常所見であっても腎疾患が否定出来 るわけではありません。
  • 尿蛋白は多種の腎疾患で陽性となるため、無視しては いけない所見です。すなわち、尿蛋白は CKD さらには 心疾患の最も早期に出る、そして唯一の警告となり得
尿検査は腎疾患の早期診断において非常に重要である

ます。例えば、尿蛋白は糖尿病性腎症の最初のサイン としても現れます。

  • 膿尿は尿路感染症の存在を示します。
  • 蛋白尿や尿中赤血球の存在は、炎症性腎疾患、すなわ ち糸球体腎炎の診断へのヒントとなります。

微量アルブミン尿
微量アルブミン尿は非常に少量の蛋白が尿中に排出さ れていることを示し、糖尿病性腎症の最も早期の所見とな ります。この初期の段階であれば微量アルブミン尿は適切 な治療によって正常化します。またこの段階では尿蛋白 (アルブミン)は一般尿検査では陰性です。

その他の尿検査

  • 24 時間蓄尿での尿中アルブミン排泄:尿蛋白が陽性の 患者では、24 時間蓄尿が尿蛋白排泄量の測定のために 必要となります。 この試験は疾患の重症度判定や尿蛋白 排泄に対する治療効果判定に有用です。
  • 培養、感受性試験:この試験は 48-72 時間かかるが、 尿路感染症の起因菌や重症度、 そして治療のための抗菌 薬の選択に関する貴重な情報が得られます。
  • 好酸菌に関する尿検査:尿路における結核感染の診断 に有用です。
血清クレアチニン濃度は腎機能低下のスクリーニングあるい はモニタリングに使用される標準的血液検査である

2. 血液検査
腎疾患の適切な診断には複数項目の血液検査が必須とな ります。

  • クレアチニン、尿素
    クレアチニンと尿素は共に腎臓を介して血中から取り除 かれる排泄物であり、血中クレアチニン、尿素 濃度は腎機 能を反映します。 腎機能が低下すると、 血中クレアチニン、 尿素濃度は共に上昇します。血清クレアチニン濃度の標準 値は 0.9 - 1.4 mg/dlで、血中尿素濃度の標準値は 20 – 40 mg/dlであり、値が高ければ高いほど腎障害の進展を示 します。また、血中クレアチニン濃度は尿素濃度よりも腎 機能の指標として信頼性が高いです。
  • ヘモグロビン
    正常な腎臓はヘモグロビン を含む赤血球産生に重要です。ヘモグロビンが低値な状態は貧血と定義されますが、貧血 は腎疾患の一般的かつ重要な徴候です。ところが、貧血は 他の疾患でも比較的頻繁に生じるので、腎疾患の特異的な 徴候とはいえません。
  • その他の血液検査
    腎疾患患者で一般的に行われるその他の検査項目として は、血糖、血清蛋白、コレステロール、電解質(ナトリウ
腎臓病の最も重要なスクリーニング検査は尿検査、血清 クレアチニン値、そして腎臓超音波検査である

ム、カリウム、クロール)、カルシウム、リン、重炭酸塩、 ASO(抗ストレプトリジン O 抗体)価、補体価等が挙げられ ます。

3. 放射線検査

  • 腎臓超音波検査
    超音波検査は単純かつ有用、短時間で安全に行うことがで き、 腎臓サイズや嚢胞、 結石、 腫瘤の存在を確認できます。 また、超音波検査では尿流の途絶が腎臓、尿管、膀胱のど こで生じていても検出することができます。慢性腎不全患 者の両腎のサイズは一般的に小さいです。
  • 腹部レントゲン検査
    尿路結石の診断に有益な検査です。
  • 静脈性尿路造影(intra venous urography; IVU)
    IVU (もしくは静脈性腎盂造影:intra venous pyelography; IVP)は特別なレントゲン検査です。この検査では、レン トゲンフィルムで可視化されるヨード造影剤を上腕の静 脈へ注射します。この造影剤は血流に乗り腎臓を介して尿 中へ排泄されるため、腎臓や尿管、膀胱といった尿路がレ ントゲン検査において可視化されます。一定間隔でレント ゲンの連続写真を撮影することで、尿路全体の解剖および 能構造の像が得られます。IVUでは腎臓の結石や尿路閉塞
腎臓の超音波検査は簡便かつ安全に行える検査で、腎サ イズ、形態、位置の評価が出来る

腫瘍や構造・機能的奇形を検出できます。 腎不全患者では、 注入された造影剤によって低下している腎機能がさらに 低下する可能性があるため IVU は推奨されません。また、 IVU を行ったとしても、試験中の造影剤排泄が不適切とな り尿路を上手く可視化することができません。また、妊娠 中にこの検査を行うことは避けるべきです。近年では、超 音波検査や CT 検査の有用性から IVU を施行する頻度は減 少してきています。

  • 排尿時膀胱尿道造影(voiding cystourethogram; VCUG)
    VCUG(かつては micturating cystourethogram; MCU とし て知られた)は小児における尿路感染症の評価に頻用され ます。この特別なレントゲン検査では無菌的に挿入された カテーテルを通して造影剤を膀胱に満たします。膀胱を造 影剤で満たした後、カテーテルを抜去し、被検者に排尿を 促します。排尿時に一定間隔でレントゲン撮影を行うと、 膀胱および尿道の輪郭が描写されます。本検査は膀胱尿管 逆流現象として知られる、尿の尿管や腎臓への逆流および 膀胱や尿道の構造的奇形の診断に有用です。
  • その他の放射線検査
    特定の腎疾患の診断のためには腎臓や尿路のCTスキャン、 腎ドップラー、核医学検査、腎血管造影、順行性・逆行性 腎盂造影等が非常に有用です。
腎生検は腎臓病の確定診断をするために実施する検査 である
  • その他の特殊検査

腎生検、膀胱鏡検査、尿力学検査は腎疾患の診断特定のた めに必要な特殊検査です。

腎生検

腎生検は腎疾患の診断において非常に有用な検査です。

腎生検とは何でしょうか?
腎生検は腎臓に細い針を刺して小さな組織片を採取し、組 織を検鏡することです。これにより腎疾患の種類の特定が 可能となります。

どのような時に腎生検を施行すべきでしょうか?
詳細な病歴聴取や検査だけでは腎疾患の種類の特定は難 しいことがあります。そのような例では、腎生検が診断を 確定する唯一の手段となります。

腎生検の有用性とは何でしょうか?
診断の困難な腎疾患では、腎生検で疾患の特定が可能とな ります。この情報を元に、腎臓専門医は適切な治療戦略を 計画し、患者やその家族へ疾患の重症度や予後に関する説 明を行うことが出来ます。

腎生検はどのような技術で行われるのでしょうか?
最も一般的な方法は経皮的針生検で、空洞のある針を経皮

腎生検は一般的には細い生検針を用い、覚醒下に行われ る手技である

的に腎臓へ刺入します。 また、 あまり多くはありませんが、 手術によって直視下に生検をする開放腎生検もあります。

どのような方法で腎生検を行うのでしょうか?
  • 患者が入院し、手技への同意が得られていることが条 件となります。
  • 手技施行前に、 血圧が正常で血液検査で正常な凝固能が 保たれていることを確認します。 アスピリン等の抗血小 板薬等や抗凝固薬を服用中の場合、 生検1-2週前より内 服を中止します。
  • 腎臓の位置を確認し生検部位を決定するために超音波 検査が使用されます。 生検針の刺入部位は肋骨下の背筋 近位で胴の上部に当たります。
  • 被験者はうつぶせになり、 枕やタオル等を腹部の下に敷 きます。 手技は完全覚醒下で行われますが、 小児例の場 合には麻酔下に施行します。
  • 皮膚を適切に洗浄した後、 痛みを抑えるため生検部位を 局所麻酔します。
  • 空洞のある細い生検針を使用し、 腎臓から2-3の糸状の 小組織片を採取します。 これらの検査サンプルを用い病 理医により病理組織学的検査が行われます。
  • 腎生検施行後、出血予防のため生検施行部位を圧迫し

ます。患者は6-12時間の安静保持を指示され、通常は 手技翌日に退院となります。

  • 患者へ生検後2-4週間、 重労働や運動を避けるように指 導します。

腎生検には何かリスクはないのでしょうか?
他の手術手技同様、腎生検後にも合併症は生じ得ます。軽 度の疼痛と一過性の赤色尿が1-2度起こることは珍しくは ありませんが、 通常は、 自然軽快します。 特殊な例として、 出血が持続するような場合は輸血が必要となります。また 非常に稀ですが重度の出血が持続する場合には、緊急で腎 臓摘除術が避けられないケースもあります。

また、得られた腎組織によって診断が得られないケースが、 20例に1例程度あり、 そのような場合には再度生検が必要 となります。

wikipedia
Indian Society of Nephrology
nkf
kidneyindia
magyar nephrological tarsasag