シングルクリックでの一般的な腎臓病の予防とケア腎疾患の発生率は非常に速く増加しています。防止し、腎臓の問題の世話をするためにミッションに参加

« Table of Contents

第章 5 主な腎臓の病気

腎臓の病気は 2つに分類できます。

  • 内科的疾患: 腎不全、尿路感染やネフローゼ症候群の ような内科的腎臓疾患は腎臓内科医により薬を使った 治療が行われます。 進行した腎不全の患者は透析や腎臓 移植のような治療が必要になります。
  • 外科的疾患 :腎結石、前立腺に関する病気や尿路系の 腫瘍は泌尿器科医師により手術、 内視鏡、 結石砕石術等 の治療を行います。
  • 腎臓内科医と泌尿器科医はどう違うのか?
    腎臓内科医は内科の、 泌尿器科医は外科の腎臓専門医で す。
主な腎臓の病気
内科的外科的
急性腎不全(急性腎障害)結石
慢性腎不全(慢性腎臓病)前立腺に関する病気
尿路系感染症先天的な尿路の異常
ネフローゼ症候群

腎不全

腎臓が血液を濾過して老廃物を排泄し、電解質バランスを 調節する能力が低下した状態を腎不全といいます。血液検 査で血清クレアチニン値と尿素窒素値が上昇すると腎不 全が疑われます。

腎不全は大きく急性腎不全 (急性腎障害) と慢性腎不全 (慢 性腎臓病)に分けられます。

急性腎不全

突然腎機能が低下、あるいは失われる状態を、急性腎不全 あるいは急性腎障害といいます。急性腎不全の患者の多く は尿量が減少します。急性腎不全の主な原因として下痢、 嘔吐、熱帯性マラリア、低血圧、敗血症、特定の薬剤(高 血圧治療薬のアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤、 鎮痛薬の非ステロイド性抗炎症薬(NSAID))等がありま す。多くの場合、適切な治療(場合によっては一時的に透 析を行う)により、腎機能は正常に回復します。

慢性腎臓病

数か月から数年にわたり徐々に腎機能が失われて元に戻 らない状態を慢性腎臓病(chronic kidney disease, CKD) といいます。CKD では腎機能はゆっくり連続的に低下しま す。長時間かけて腎機能がほぼなくなる段階まで低下しま

急性腎不全では腎機能が急激に低下する 多くの場合短期間の治療をすることで腎機能は改善する

す。この命に関わる段階にまで進行した状態が末期腎不全 ( End stage kidney disease, ESKD/End stage renal isease, ESRD)です。

慢性腎不全は静かに進行するためしばしば気づかれませ ん。初期のCKDでは他覚的所見や自覚症状はほとんどあり ません。CKD に共通する自覚症状として疲れやすい、食欲 がない、嘔気、発汗、高血圧等があげられます。CKD の原 因として最も重要なものは糖尿病と高血圧です。

尿検査の尿蛋白陽性、血液検査のクレアチニン高値、およ び超音波検査で萎縮した腎臓を認めることは慢性腎臓病 の診断の上で最も重要です。血清クレアチニンは腎不全の 重症度を反映し、病気の進行とともに徐々に上昇します。

KD の早期のステージでは、患者は適切な薬物治療と食事 指導が必要です。この疾患を完全に元に戻す治療方法はあ りません。治療の目的はCKDの重症度に関わらず、進行を 遅らせて合併症を予防し、それによりできるだけ長い間患 者を良い状態に保つことです。

病気のステージが進行(末期腎不全)すると、90%以上の 腎機能は失われています(血清クレアチニンは通常 -10mg/dL 以上です)。このステージで唯一の治療は透析 血液透析・腹膜透析)と腎移植です。

長期間かけてゆっくりと連続的に腎機能を失って元に 戻らなくなった状態を慢性腎臓病という

透析では腎臓が機能しなくなり体内に蓄積した老廃物と 余分な体液をろ過して除きます。透析は慢性腎臓病を根本 的に治す方法ではありません。進行した慢性腎臓病のステ ージ(末期腎不全、ESKD)では、(腎臓移植が成功しない 限り)一生定期的な透析治療が必要です。透析には血液透 析と腹膜透析の二つの方法があります。

血液透析(Hemodialysis, HD)は最も広く行われている透 析方法です。HDでは特殊な機械を使って老廃物、余分な体 液と塩分が除かれます。 持続的携帯型腹膜透析continuous ambulatory peritoneal dialysis, CAPD)は機械を使わな い別の透析方法であり、自宅や職場で行うことができます 腎移植は最も効果的な選択肢であり、末期腎不全(進行し たステージの慢性腎臓病)を治癒する唯一の治療方法です

尿路感染

尿路感染(urinary tract infection, UTI)の一般的な症 状にはトイレに何度も行きたくなる、排尿時の痛み、下腹 部の痛み、発熱等があります。尿検査で白血球(膿細胞) があると、尿路感染を疑います。

ほとんどの尿路感染患者は抗生剤治療により良くなりま す。ただ、子供の尿路感染は特別な注意が必要です。なぜ

透析は腎機能が失われて蓄積した老廃物と余分は体液 を除く人工的な方法です

ならば子供の尿路感染の治療が遅れ治療が不十分だと、成 長期の腎臓に元に戻らない損傷を与える可能性があるか らです。

尿路感染が何度も繰り返す場合は、検査で尿路閉塞、結石 性疾患、尿路の異常、陰部・尿路結核がないかを検査する ことが重要です。子供が尿路感染を繰り返す場合、膀胱尿 管逆流現象を考えなければいけません。膀胱尿管逆流現象 は膀胱から一方あるいは両方の尿管を通って腎臓まで尿 が逆流する先天性の異常です。

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群は大人より子供によく見られる腎臓病 です。最も一般的な症状はむくみ(浮腫)がたびたび起こ ることです。この病気の特徴は尿中に蛋白が出ること (3.5g/日以上)、血清アルブミンが低下すること(低ア ルブミン血症)、コレステロールの上昇、血圧と腎機能は 正常であることです。

この病気は治療に良く反応します。治療終了後に症状が続 く患者はほとんどいませんが、多くの場合再発します。 このように治療して軽快するとしばらく無治療の期間が あり、その後再発してむくみを生じるという再発のサイク

子供の尿路感染の治療が遅れ治療が不十分だと、成長期 の腎臓に不可逆的な損傷を与える可能性がある

このように治療して軽快するとしばらく無治療の期間が あり、その後再発してむくみを生じるという再発のサイク ルを繰り返すのがネフローゼ症候群の特徴です。

回復と再発のサイクルが長期間(年単位)にわたり繰り返 すので、子供にとってもその家族にとっても心配の種です。 しかしながら小児のネフローゼ症候群は一般的に将来的 に重症化せず、正常な腎機能を保って健康な生活を送るこ とができます。

腎・尿路結石

腎・尿路結石はよくある重要な腎臓の病気です。結石は腎 臓、尿管、膀胱によく発生します。腎・尿路結石の共通の 症状は、重度で耐えられないほどの痛み、吐き気、嘔吐、 血尿等です。しかし、たとえ長期間にわたり 腎・尿路結石

があっても全く何の症状もない人もいます (無症状結石)。 腎・尿路結石の診断に最も重要な検査は、腹部X線写真と 超音波検査です。

小さい結石のほとんどは多量の水分の摂取により尿と一 緒に自然に排泄されます。もし結石が繰り返しひどい痛み、 反復性の感染、尿路の閉塞、あるいは腎臓の傷害を起こす 場合は、結石を取り除く治療が必要になります。結石の除

腎結石は無症状で何年も存在することがある

去に一番良い治療方法は、結石のサイズ、場所、そして結 石のタイプにより決まります。最も一般的な方法は砕石術、 内視鏡(経皮的腎切石術、膀胱鏡と尿管膀胱鏡)、そして 外科的開腹術です。

結石の再発率は50-80%と高いので、 結石患者はたくさんの 水分取ること、食事制限、定期的な検査が必要です。

良性前立腺過形成(benign prostatic hyperplasia, BPH)

前立腺は男性にだけ存在します。前立腺は膀胱のすぐ下に あり、尿道の最初の部分を取り囲みます。50歳を過ぎると 前立腺は肥大し始めます。肥大した前立腺は尿道を圧迫し、 高齢男性は排尿時の問題を伴うようになります。

前立腺過形成によって起こる主な症状は、トイレに何回も 行くようになること(特に夜間)と排尿後に尿が滴下する ことです。前立腺肥大の診断方法として最も大切なのは直 腸に指を入れた検査(直腸指診)と超音波検査です。

軽度から中等度の前立腺肥大患者の多くは薬物により症 状が軽快します。前立腺が大きくなり重症な症状がある多 くの患者は、 内視鏡的前立腺除去術 (経尿道的前立腺切除) が必要となります。

多くの高齢男性が抱える排尿時の問題の原因として前 立腺肥大があります
wikipedia
Indian Society of Nephrology
nkf
kidneyindia
magyar nephrological tarsasag