シングルクリックでの一般的な腎臓病の予防とケア腎疾患の発生率は非常に速く増加しています。防止し、腎臓の問題の世話をするためにミッションに参加

« Table of Contents

第章 9 急性腎不全

急性腎不全とは何ですか?

急性腎不全(急性腎障害、あるいはエー・ケー・アイ〔AKI〕 とも呼ばれる)とは、数時間から数日、数週間といった比 較的短期間で腎臓の機能が損なわれたり失われたりする ことです。 一時的な状態を指す言葉で、 通常は可逆的です。

急性腎不全の原因は何ですか?

急性腎不全の原因は多岐にわたります。主なものとして以 下に挙げるようなものがあります:

  1. 腎臓の血流低下:下痢や出血、火傷などによる深刻な 脱水や、様々な原因による血圧低下など
  2. 重症感染症などの大きな病気や大きな手術の後
  3. 尿が突然でなくなること : 腎結石が尿路閉塞の最も多い 原因
  4. その他:熱帯熱マラリア、レプトスピラ症、ヘビ咬傷、 様々な腎臓病、妊娠、あるいは薬剤による影響(鎮痛薬 として使われるNSAIDsや、抗菌薬の一種であるアミノ グリコシド、画像検査で用いられる造影剤など)
急性腎不全は急速に発症し、通常は一時的に腎臓の機能 が低下することである

急性腎不全の症状

急性腎不全を発症すると短期間で腎臓の機能が低下し、本 来尿から排泄すべき老廃物が体内に蓄積し、水分や電解質 のバランスが崩れてしまいます。腎機能が急激に低下する ため、患者の症状は急速に、そして顕著に出現します。

急性腎不全は急速に発症し、通常は一時的に腎臓の機能が 低下することである

以下の様な症状の表れ方や重篤さは患者によって個人差 があります。

  1. 腎不全の原因となった状態(下痢や出血、発熱、悪寒 など)に伴う症状
  2. 尿量の低下(尿量が保たれる場合もある)。これは足 や足首の浮腫や、体重の増加につながる
  3. 食欲の低下、吐き気、嘔吐、しゃっくり、疲労感、倦 怠感、不穏状態など。
  4. 息切れ、胸痛、けいれんや昏睡状態、吐血、高カリウム 血症による不整脈などといった重篤で生命にかかわる 症状
  5. 急性腎不全のごく初期の患者の中には、 全くの無症状で、 実施された採血にて偶然に腎不全が発覚する人もいる
急性腎不全の症状には、腎不全を引き起こした原因によるも のと、腎機能が低下した結果によって生じるものがある

急性腎不全の診断

急性腎不全の患者は、多くが非特異的な症状しかないか、 無症状です。そのため、急性腎不全を引き起こしうる原因 があったり、たとえわずかでも疑わしい症状が出現したり した患者には、直ちに急性腎不全の可能性を考えて検査を しなければなりません。

急性腎不全の診断は、血清クレアチニン値と血中尿素窒素 の上昇といった血液検査、尿量の測定、尿検査、超音波検 査で行われることが多いです。詳しい病歴の聴取や身体診 察、 その他の追加検査などが、 急性腎不全の原因や合併症、 そして進行具合を評価するのに用いられます。

急性腎不全の治療

適切な治療を行えば、急性腎不全の患者の多くはもとの状 態まで回復させられる可能性があります。しかし対応が遅 れ、治療が不適切であった場合には、急性腎不全によって 死に至ることもあります。

急性腎不全の主 な治療の手順:

  1. 腎不全の原因の同定や治療
  2. 薬物療法やその他の支持療法
急性腎不全は適切な治療を受けることができれば、通常 完全に回復する
  1. 食事療法
  2. 透析療法
  1. 腎不全の原因の同定や治療:
  • 腎不全が生じた原因を同定し治療することは、 急性腎不 全の治療をする上で最も重要である。
  • 腎不全の背景となる低血圧や感染症、 尿路の閉塞などに 対する特異的な治療が、 腎機能を回復させる上で大切で ある。
  • 前項のような特異的な治療介入が、 腎臓にさらなるダメ ージが加わるのを避け、 結果的に回復を促すことにつな がる。
  1. 薬物療法やその他の支持療法:
  • 治療の目標は、 腎臓を保護し種々の合併症を予防もしく は治療することである。
  • 感染症があれば治療を行ない、NSAIDs のような腎臓に 負担をかける薬の使用を避ける。
  • 利尿剤(フロセミド)のような薬は、尿量を確保するこ とで体のむくみや息切れが出現するのを防ぐ効果があ る。
  • 支持療法:血圧や血中カリウム濃度の調整のための薬 もしくは吐き気 ・ 嘔吐、 息切れ、 けいれんに対する薬な、
急性腎不全では、早期に適切な薬物療法を施せば透析療 法は不要なほど回復することができる

どが必要に応じて使用される方法である。

  1. 食事療法:
  • 適切な食事制限によって、 急性腎不全の症状や合併症を 防いだり軽減したりすることができる。
  • 水分摂取量を計測してください。 1日あたりの水分摂取 量を決め、 尿量の増減や今の体内の水分量が過剰なのか 不足なのかを常に気に留めるようにしてください。 むく みや息切れのような合併症を避けるためには、 水分の制 限が必要となる場合が多い。
  • カリウムの摂取を制限してください。 血中のカリウム濃 度が高くなる(高カリウム血症)のを防ぐため、果物や ジュース、 ドライフルーツなどといったカリウムを豊富 に含んだ食べ物を避けてください。 急性腎不全による高 カリウム血症は、命に関わる重篤な合併症である。
  • 塩分の摂取を制限してください。塩分の制限によって、 口渇感やむくみが減るほか、 高血圧や息切れといった合 併症も防ぐことができる。
  • 栄養バランスのとれた、 適正カロリーの食事を心がける べきである。
  1. 透析療法:

腎臓が回復するまで、透析療法によって急性腎不全の患者 の腎臓の機能を補う必要が生じることもあります。

透析が必要となるのは通常数日間ですが、透析療法の開 始が遅れると命に係わる可能性がある

透析とは何ですか?

透析は、低下した腎臓の機能を人工的に代用することです。 これは重症の腎不全の患者さんの生存に必須です。透析の 最も重要な役割は体内の老廃物や過剰な水分を除去し、ア シドーシスや電解質の補正をすることです。透析療法は、 血液透析と腹膜透析の主に2つの種類に分類されます。 急性腎不全では、早期に適切な薬物療法を施せば透析療法 は不要なほど回復することができる

急性腎不全において透析療法が必要となるのはどんな時 ですか?

適切な治療を施しているのにもかかわらず、急性腎不全の 症状と合併症が悪化するような重症例に対して、透析療法 が必要となります。透析を受ければ、重症の腎不全があっ ても全身状態を保つことができます。過度の水分貯留やコ ントロール不良の高カリウム血症、重度のアシドーシスな どが透析療法の開始を検討するきっかけとなります。

急性腎不全に対する透析療法はどれぐらいの期間必要で すか?

  • 急性腎不全の患者の中には、 腎臓の機能が回復するまで、 一時的に透析療法 (血液透析もしくは腹膜透析) が必要 となることがある。
  • 一般的な急性腎不全は1週間から4週間程度で回復す るため、 透析による腎臓の補助もこの期間内となること が多い。
  • 急性腎不全の患者さんに対して、 一度透析療法が導入さ れた場合にはその後も永久に透析を続けなければなら なくなると考えるのは誤りである。 透析を離脱できなく なることを懸念して透析療法開始の判断を遅らせてし まうと命にかかわることがある。

急性腎不全の予防

  • 急性腎不全の原因となりうる状態が発生した場合には 早期に治療し、 腎不全発症のリスクが高い患者の腎機能 をこまめにチェックしてください。
  • 低血圧を避け、 血圧が下がった場合にはすぐに補正して ください。
  • 腎臓に負担をかける薬は使用せず、 感染症や尿量減少が 起きた時には早期に治療してください。
wikipedia
Indian Society of Nephrology
nkf
kidneyindia
magyar nephrological tarsasag