シングルクリックでの一般的な腎臓病の予防とケア腎疾患の発生率は非常に速く増加しています。防止し、腎臓の問題の世話をするためにミッションに参加

« Table of Contents

第章 18 尿路感染症

泌尿器系は腎臓、尿管、膀胱および尿道で構成されます。 尿路感染症は尿路のどの部位にでも起こり得る細菌感染 症です。尿路感染症は体内で2番目に頻度が高い感染症で す。

尿路感染症の症状とは?
尿路感染症の症状は感染の重症度、年齢、感染した尿路の 場所により様々です。

尿路感染症の最も一般的な症状

  • 排尿時の灼熱間や痛み
  • 排尿回数と持続的な排尿衝動
  • 発熱と倦怠感
  • 悪臭や混濁尿

膀胱感染による症状(膀胱炎)

  • 下腹部の不快感
  • 頻尿、少量の尿と排尿時痛
  • 側腹部痛のない微熱
  • 血尿
灼熱感と頻尿は、尿路感染症の一般的な徴候

上部尿路の感染による症状(腎盂腎炎)

  • 背部痛と側腹部痛
  • 悪寒と高熱
  • 嘔気、嘔吐、脱力感、疲労感、体調不良
  • 高齢者における精神変容や混乱

腎盂腎炎は最も重篤な尿路感染症の病態です。不十分な治 療や、治療の遅れが生命を脅かすことになります。

再発性尿路感染症の原因とは?
頻繁に繰り返す尿路感染症の重要な原因は以下のとおり です。

  1. 尿路閉塞:尿路の閉塞をきたす様々な疾患が、再発性 の尿路感染症を引き起こし得る。
  2. 女性: 女性は尿路が短いため、男性より尿路感染症に なり易い。
  3. 性交:性的に活発な女性はそうでない女性よりも尿路 感染症に罹患しやすい傾向にある。
  4. 尿路結石:腎、尿管、膀胱結石は尿流を遮断し、尿路 感染症の危険性を増加させる。
  5. 尿路カテーテル法:留置カテーテルは、尿路感染症の 危険性を増加させる。
尿路の閉塞は再発性尿路感染症の重要な原因である。
  1. 先天性尿路奇形: 膀胱尿管逆流症(膀胱から尿管に尿 が逆流している状態)や後部尿道弁のような先天性尿 路奇形のある子供は尿路感染症の危険性が増す。
  2. 良性前立腺過形成: 60 歳以上の男性では肥大した前立 腺(良性前立腺過形成)が原因で尿路感染症になり易 くなる。
  3. 免疫抑制: 糖尿病、HIV、がんの患者では尿路感染症の 危険性が高い。
  4. その他の原因: 尿道や尿路の狭窄、 泌尿生殖管の結核、 神経因性膀胱や膀胱憩室など。

再発性尿路感染症は腎障害の原因になり得るか?
成人においては通常、再発性尿路感染症は腎障害を引き起 こしません。

結石や尿路の閉塞や狭窄、生殖器尿路の結核などの要因が 修復されない場合では、成人でも尿路感染症で腎障害を引 き起こす可能性があります。

しかし幼児では、再発性尿路感染症に対する不適切な治療 や、治療の遅れのため、成長中の腎臓に、不可逆的な障害 を引き起こす可能性があります。この障害は後に腎機能の 低下や高血圧につながる可能性があります。このように 感染症の問題は、成人と比較して、小児においてより深刻 です。

尿路感染症は通常、尿流の遮断がなければ成人において は腎障害を引きおこさない

尿路感染症の診断
尿路感染症の診断と重症度を確立するために検査は行わ れます。複雑性ないし再発性尿路感染症の患者では、素因 や危険因子の診断を確立するため異なった検査が実施さ れます。

尿路感染症のための基本的な検査

  1. 尿検査

尿路感染症のための最も重要なスクリーニングの検査は、 通常の尿検査です。

検尿には早朝尿を採取することが望ましい。沈査において、 有意な白血球の存在は尿路感染症を示唆するものです。尿 中の白血球の存在は尿路の炎症を示唆しています。しかし ながらその存在がなくても尿路感染症の可能性は除外で きません。

特殊な尿試験紙(白血球エラスターゼおよび亜硝酸)検査 は、職場や自宅でもできる有用な尿路感染症のためのスク リーニング試験です。尿試験紙検査陽性は尿路感染症を示 唆し、陽性の患者はさらなる評価が必要です。色調変化の 強さは、尿中の細菌数に比例します。

尿培養および感受性は、尿路感染症の診断と治療に有益 な検査である。
  1. 尿培養と感受性試験 尿路感染症診断のためのゴールドスタンダードは尿培養 検査であり、抗菌薬治療開始前に行う必要があります。尿 培養検査は複雑性尿路感染症や治療抵抗性尿路感染症に 推奨され、また症例の状況によっては尿路感染症の臨床診 断確認のために推奨されます。
    尿培養試験には、約 48〜72 時間かかります。検体収集か ら結果が利用できるまでに時間がかかることが、この検査 の欠点です。
    尿培養における微生物の増殖の性質に基づき、感染症の存 在だけでなく、その重症度や起炎菌がわかります。
    尿培養により感染を引き起こす起因菌を特定し、治療のた めの抗生物質を決定します。
    尿検体の汚染を回避するために、まず生殖器周辺を洗浄し、 滅菌容器に中間用を採尿することが推奨されます。
    尿培養のための他の検体収集方法としては、恥骨上吸引、 カテーテル尿や採尿バックからの採尿です。
  2. 血液検査 通常尿路感染症で行われる血液検査は、ヘモグロビン、白 血球数、白血球分画、血中尿素、血清クレアチニン、血糖 値およびCRPです。
尿路感染症の治療を成功させるためには、その要因を判 断することが不可欠である。

要因または危険因子を診断する検査
感染症が治療に反応しない場合、または感染症を繰り返す 場合は、基礎となる要因、危険因子を検出するために、下 記のようなさらなる検査が必要となります。

  1. 腹部超音波検査および腹部X線
  2. 腹部CTや腹部MRI
  3. 排尿時膀胱尿道造影
  4. 静脈性腎盂造影
  5. 結核のための尿の顕微鏡検査
  6. 膀胱鏡検査:膀胱鏡と呼ばれる特殊な器具により、泌 尿器科医が膀胱の内部を見る検査
  7. 婦人科医による検査
  8. 尿流動態検査
  9. 血液培養

尿路感染症予防

  1. 毎日、十分に飲水(3~4 リットル)する。これは尿を 希釈し、膀胱と尿路からの細菌の洗浄に役立つ。
  2. 2~3 時間ごとの排尿。トイレに行くことを先送りにし ない。長時間の膀胱への尿貯留は、細菌が増殖する機 会を提供する。
十分な飲水することが、尿路感染症の予防と治療に不可 欠である。
  1. 細菌の増殖を低減させる酸性尿を作るために、 ビタミン C、アスコルビン酸、クランベリージュースを含む食品 を摂取する。
  2. 便秘を避けるか、速やかに治療する。
  3. 女性や少女はトイレの後に前から後ろに (後ろから前で はなく)拭く必要がある。この習慣により、肛門領域内 の細菌が膣と尿道に広がることを防ぐことができる。
  4. 性行為前後に性器や肛門部を洗浄する。 性行為前後に排 尿し、行為後すぐにコップ1杯の飲水をする。
  5. 女性は通気の良い綿の下着を着用する必要がある。 きつ く締め付けるものやナイロン製の下着は避ける。
  6. 女性における性行為後の再発性尿路感染症は、 性行為後 の抗菌薬単回投与にて効果的に防止することができる。

尿路感染症の治療

一般的な対策

十分に飲水をします。症状が強く、脱水もしくは嘔吐が原 因で十分な飲水ができない場合、入院および点滴管理が必 要となります。

発熱や痛みを軽減するために薬を服用します。加熱パッド を使用すると、 痛みが軽減します。 コーヒー、 アルコール、

重篤な腎臓感染症(腎盂腎炎)の治療は、入院と抗生物 質の経静脈投与を必要とする。

喫煙、辛い食べ物など膀胱を刺激するものを避けます。尿 路感染症のすべての予防措置を順守する。

下部尿路感染症の治療(膀胱炎、軽度の感染症)
健康な若い女性では3日間の短期抗菌薬投与で通常は十分 です。7 日間の抗菌薬投与を選ぶ医師もいます。時折、抗 菌薬の単回投与が用いられます。成人男性の尿路感染症で は7~14日の抗菌薬使用が必要です。一般的に使用される 経口抗菌薬はトリメトプリル、セファロスポリン、ニトロ フラントイン、フルオロキノロンです。

深刻な腎臓感染症の治療(腎盂腎炎)
中等度から重度の急性腎臓感染症を有する患者、重篤な症 状を有する患者は入院を必要とします。起因菌同定と適切 な抗菌薬選択のため、治療を開始する前に尿培養と血液培 養を実施します。患者は数日間、輸液および抗菌薬の経静 脈投与で治療し、続けて 10~14 日間経口抗菌薬投与を行 います。抗菌薬の経静脈投与に対する治療反応性が乏しい 場合(継続する症状と発熱、腎機能の悪化)は、画像診断 が必要となります。治療効果を評価するために尿検査を経 過観察する必要があります。

再発性尿路感染症の治療
再発性尿路感染症の患者においては、根本的な原因の適切

持続する高熱、悪寒、背部痛、混濁尿、灼熱感は緊急の 注意が必要。

な識別が不可欠である。そのがんイン疾患に応じて特殊な 治療ないし外科治療が必要となってきます。これらの患者 は、予防措置の厳守と長期予防抗菌薬治療による経過観察 を必要とします。

尿路感染症の患者はいつ受診すべきでしょうか?
以下の場合には尿路感染症患者は直ちに医師に連絡する 必要があります。

  • 乏尿ないし無尿の場合
  • 持続的な高熱、悪寒、背部痛と混濁尿や血尿
  • 激しい嘔吐、激しい脱力感、血圧が低下した全ての患 者
  • 小児の尿路感染症
  • 片腎、尿路結石の既往がある全ての患者
  • 2~3日の抗菌薬投与で反応がない
wikipedia
Indian Society of Nephrology
nkf
kidneyindia
magyar nephrological tarsasag