シングルクリックでの一般的な腎臓病の予防とケア腎疾患の発生率は非常に速く増加しています。防止し、腎臓の問題の世話をするためにミッションに参加

« Table of Contents

第章 8腎不全とはなんでしょうか?

腎臓の主な働きは老廃物を濾過して排泄すること、体の余 った水分を取り除くこと、ミネラルや酸性・アルカリ性の バランスを保つことです。これらを処理する能力が低下し た状態のことを腎不全と呼びます。

腎不全とはどのように診断するのでしょうか?

血液中のクレアチニンと尿素窒素の値は腎臓の機能を反 映します。これらの値の上昇は、両方の腎臓の働きが低下 していることを示唆しています。血液中のクレアチニンの 値の上昇が極めてわずかでも、腎機能の有意な低下を反映 している点が重要です。もしも血液中のクレアチニンの値 がちょうど1.6 mg/dlである場合、腎臓の機能の50%以上 が失われてしまっていることが予想されます。

片方の腎臓がだめになると腎不全になりますか?

いいえ。2 つの腎臓のうち片方がだめになったり、手術で 取り除かれたりしても、全体の腎機能には影響しないと考 えられています。なぜなら、もう片方の健康な腎臓が、1 つで腎臓2つ分の仕事量を負うからです。

腎不全とは両方の腎臓の働きが失われたことを意味す る
腎不全の主な2種類について

急性腎不全と慢性腎臓病(慢性腎不全)があります。

急性腎不全

急性腎不全(かつては急性腎不全ARFと呼ばれ、近年では急性腎障害AKIと改めて名付けられた)は、体への様々な侵襲によって、短い期間に腎機能が低下もしくは失われてしまった状態です。

このタイプの腎不全はしばしば一時的なものです。適切な治療を行うことで、多くの患者さんの腎機能は正常に回復する可能性があります。

慢性腎臓病

数か月から年単位で徐々に進行し、腎機能が不可逆的に失われた状態を慢性腎臓病と呼びます(かつては慢性腎不全CRFと呼ばれていた)。この完治しない病態では、腎機能はゆっくりと継続的に低下していきます。長い時間が経過し腎機能が低下すると、腎臓はほぼ完全に働きを止めた状態に達します。このように病気が進行して生命を脅かす状態のことを末期腎不全(ESKDまたはESRD)といいます。

腎不全と診断された時、腎機能の50%以上は既に失われ ている
wikipedia
Indian Society of Nephrology
nkf
kidneyindia
magyar nephrological tarsasag