シングルクリックでの一般的な腎臓病の予防とケア腎疾患の発生率は非常に速く増加しています。防止し、腎臓の問題の世話をするためにミッションに参加

« Table of Contents

第章 24 おねしょ

寝ている間に子供がおねしょもしくは無意識に排尿する ことはよくみられることです。おねしょ、すなわち夜尿症 は腎臓の病気や子供の怠惰、行儀が悪いからおこるわけで はありません。多くの場合、子供が成長するにつれ、無治 療で経過を見ます。しかしながら、子供や両親にとっては 不都合で恥ずかしいことなので心配します。

子供の何パーセントがおねしょをし、通常は何歳でおねし ょをしなくなるのでしょうか?

おねしょは特に 6 歳未満ではよくみられます。5 歳では約 15~20%の子供にみられます。年齢が上がるにつれ、おね しょは減っていきます。10歳では約5%、15歳ではほんの 2%、大人では1%未満です。

どういう子供がおねしょをしやすいのでしょうか?

  • 親も幼少期に同じようなおねしょの問題をかかえてい た子供。
  • 正常な神経発達が遅れ、膀胱緊満感の感度が落ちてい る子供。
  • 熟睡している子供。
  • 女の子より男の子に多い。
膀胱尿管逆流症における定期観察は、高血圧、成長、尿路感 染症の再発、腎機能障害を評価するために勧められる
  • 心理的・身体的ストレスが原因ではじまったり、増え たりする。
  • 割合は少ないが(2~3%)、尿路感染症、糖尿病、腎機 能障害、蟯虫、便秘、膀胱が小さい、脊髄の異常や尿道 弁がないといったような医学的な問題が原因となる。

おねしょをする子供に、いつ、どんな検査が行われている のでしょうか?

医学的もしくは構造的な問題によっておねしょをしてい ると考えられたときに、そういう子供だけ集められ、検査 をされます。もっともよく行われている検査は尿検査、血 糖値、脊椎X線、腎臓や膀胱の超音波検査や他の画像検査 です。

治療

おねしょは完全に無意識に起こるもので、故意ではないの で、子供を叱ったり、罰したり、たたくべきではありませ ん。非難するよりも、おねしょは時間とともになくなり、 治るものだと子供に自信を与えるべきです。おねしょに対 する最初の治療は、教育や動機づけ、水分摂取量や排尿の 習慣を変えることです。もし、それらの手段で改善がなけ れば、夜尿アラームや薬物を試してみましょう。

膀胱尿路逆流症は尿路感染症を患う小児に非常に多く、 高血圧や慢性腎臓病のリスクとなる

1 教育や動機づけ

  • 子供はおねしょについて十分に教育されるべきである。
  • おねしょは子供のあやまちではないので、 怒ったり、 叱 るべきではない。 怒ったり、 叱ったりすると状況は悪く なるであろう。
  • おねしょが原因で子供をからかわないように注意する。
  • おねしょによってこうむる子供のストレスを減らし、 子 供が家族と一緒に乗り越えるよう手助けし、 問題は一時 的なもので確実に治ると安心させることが重要である。
  • おむつのかわりにしつけ用のパンツを使用する。
  • もし、 子供がおねしょが原因で目が覚めたときは、 ベッ ドリネンや汚れた洋服を変えることができるように、 近 くに余分にパジャマやベッドシーツ、 タオルを用意して おく。
  • マットレスへの被害を避けるために、 マットレスにビニ ールをかける。
  • 尿を吸い込むようにベッドシーツの下に大きいタオル を引く。
  • 尿のにおいがしないように、毎朝の入浴を促す。
  • 夜におねしょをしなかったときは褒めて、ご褒美を与 える。小さなプレゼントでさえ、子供を勇気づける。
膀胱尿管逆流症における定期観察は、高血圧、成長、尿路感 染症の再発、腎機能障害を評価するために勧められる
  • 便秘は、ほおっておくべきではなく、治療すべきであ る。

2. 水分摂取量を制限する

  • 寝る2~3時間前に子供が飲む水分の量を制限する。
  • 夕方にカフェイン(紅茶やコーヒー)や炭酸飲料(コ ーラ)やチョコレートを避ける。これらは、排尿量を 増加させ、おねしょを悪化させるからである。

3. 排尿習慣に対するアドバイス

  • ベッドに入る前2回の排尿を促す。 1回目の排尿はベッ ドに入る決まった時間に、 2回目の排尿はちょうど眠り につく前に。
  • 1日を通して、 規則正しい間隔でトイレを使用すること を習慣づける。
  • 排尿させるために、毎晩眠りについたあと約 3 時間後 に子供を起こす。もし必要ならば目覚ましを使用する。
  • おねしょをもっともするであろう時間を決めることに よって、起きる時間を調整する。

4.夜尿アラーム

  • 夜尿アラームは、おねしょをコントロールするのに最 も効果的な方法で、一般的に 7 歳以上の子供に使用さ れる。
膀胱尿路逆流症は尿路感染症を患う小児に非常に多く、 高血圧や慢性腎臓病のリスクとなる
  • センサーを子供のパンツにとりつける。子供がベッド の中で排尿したとき、その装置が尿を感知して、アラ ームがなり、子供を起こす。起こされた子供はトイレ に行くまで尿をコントロールできるようになる。
  • アラームは、おねしょをする直前に子供が起きること ができるように訓練するのに有用である。

5 膀胱訓練

  • おねしょをする子の多くは膀胱が小さい。膀胱トレー ニングの目標は膀胱容量を増やすことである。
  • 日中の間、多量の飲水を勧め、尿意を感じてから排尿 まで我慢させる。
  • 練習するにつれ、子供はより長く尿をためることがで きるようになる。このことは膀胱の筋肉を強化し、膀 胱容量を増やすであろう。

6 薬物療法

薬物はおねしょを止めるための最終手段として使用され、 一般的に7歳以上の子供にのみ使用されます。効果はある が、おねしょは完全には治りません。薬物は対処療法で、 一時的に使用されるのがよいでしょう。薬物をやめたとき に、たいてい、おねしょは繰り返されます。根治療法は薬 物より夜尿アラームでしょう。

膀胱尿管逆流症における定期観察は、高血圧、成長、尿路感 染症の再発、腎機能障害を評価するために勧められる

A 酢酸デスモプレシン(DDAVP)

他の方法でうまくいかなかったときに処方されます。この 薬は夜間の尿量を減らします。この薬は尿量が多い子供に のみ有用です。この薬を使用している間は、水中毒を避け るために、夕方の水分摂取量を減らすことを忘れないよう にしましょう。この薬はたいてい就寝前に投与されます。 多量の水を飲んだ時は、いかなる理由でもこの薬を使用す るのは避けるべきです。この薬はとても効果的で副作用も ほとんどありませんが、費用がかかるため、多くの親は金 銭的負担が困難です。

B イミプラミン

イミプラミン(三環系抗うつ薬)は膀胱に対して弛緩作用 があり、また括約筋をしめることによって、尿をため膀胱 の容量を増やします。この薬はたいてい、約 3~6 か月間 使用されます。効果が早いので、就寝1時間前に内服しま す。この薬は非常に効果的ですが、副作用がしばしば認め られるため、症例を選んで使用する必要があります。

C オキシブチニン

オキシブチニン(抗コリン薬)は日中のおねしょに対して 効果があります。この薬は膀胱の収縮を減らし、膀胱容量 を増やします。副作用は口渇、顔面紅潮、便秘などがあり ます。

おねしょの問題を抱える子どもを持つ家族はいつ医師に 相談すべきでしょうか?

おねしょをする子どもの家族は以下のような時に直ちに 医師に相談すべきでしょう。

  • 日中のおねしょ
  • 7、8歳以降にもおねしょが治らない場合
  • おねしょがない期間が最低 6 ヶ月は続いた後のおねし ょの再発
  • 便失禁があるとき
  • 発熱、痛み、排尿時灼熱痛および頻尿、異常な口渇、 および顔面、下肢のむくみがある時
  • 尿線が細く排尿困難があるとき
wikipedia
Indian Society of Nephrology
nkf
kidneyindia
magyar nephrological tarsasag