シングルクリックでの一般的な腎臓病の予防とケア腎疾患の発生率は非常に速く増加しています。防止し、腎臓の問題の世話をするためにミッションに参加

« Table of Contents

用語集

エリスロポエチン(Erythropoietin :EPO): エリスロポエ チンは腎臓から産出されるホルモンであり、骨髄での赤血 球形成を促進する作用を持つ。もし腎障害が発生した場合 は、十分なエリスロポエチンを産生する事が出来ないので、 赤血球産生機能が低下し、貧血を引き起こす。エリスロポ エチンは腎機能障害により発生した貧血の治療を行うた めの注射薬として使用される。

カルシウム: 人体で最も豊富なミネラルであり、強い骨や 歯の発育や維持のためには不可欠である。牛乳とヨーグル トやチーズのような乳製品は、カルシウムの豊富な天然資 源である。

急性腎不全(急性腎障害): 腎機能の急速もしくは突然の 低下が見られる状態。腎障害の中でもこの種類の障害は、 一時的で一般的には可逆的であることが多い。 拒絶:身体が、移植された臓器が自己ではないと認識し、 移植臓器を破壊しようとする過程のこと。

グラフト(人工血管): 長期間透析を行うための一つの方 法である。腕の動脈と静脈をつなぐ、人工的に作られた柔 らかい管をグラフトと言う。透析を治療中は、透析針をグ ラフト内に挿入している。

クレアチニンと尿素: これらはタンパク質の分解物もしく は老廃物である。これらの物質は腎臓で除去される。血清 クレアチニンの一般的な基準は0.8〜1.3 mg/dL、尿素では 8〜20 mg/dL である。腎不全では、血液中の尿素とクレア チニンの数値は上昇する。

経尿道的前立腺切除術Trans-urethral Resection og the Prostate(TURP) : 良性前立腺肥大症 benign prostatic hyperplasia(BPH)の泌尿器科的治療法の中で、最も一般的 で標準的なものである。手術療法としては最小限の侵襲で 済み、膀胱鏡を尿道から挿入して、尿路を塞いでいる前立 腺を除去する。

血圧: 心臓が血液を送り出す際に、循環血液が血管壁に対 して及ぼす圧力のことである。血圧は重要なバイタルサイ ンの一つであり、その計測には2 つの数値からなる。1 つ 目の数値は、心臓が収縮した際に及ばされる最大の圧力を 測定した収縮期血圧を示している。2 つ目の数値は、心臓 が拡張した時、すなわち心臓の収縮間の測定値である拡張 期血圧を示している。

血液透析: 腎不全を治療するための最もよく使われている 手段である。血液透析治療中は、透析機とダイアライザー (人工腎臓)により血液は浄化されている。

献腎移植(死体腎移植): 脳死患者の健全な腎臓を慢性腎不 全の患者に移植すること。

高カリウム血症: 正常の血清カリウム値は3.5~5.0 mEq/L である。高カリウム血症は血液中に含まれるカリウムが増 えていることを示す。高カリウム血症は一般的に腎不全で 認められ、生命を脅かす可能性もあり、緊急治療が必要に なることがある。

交換: 交換とは腹膜透析の1サイクルの事を言い、3つの ステージで構成される。はじめのステージで透析液を腹腔 内に入れる、次に透析液を腹腔内に残し、数時間貯留して いる間に余分な水分を除去し、尿毒素を血液中から透析液 中に移行させる(dwell とも言われる)。最後のステージで は透析液を体外に排出する。

高血圧: 血圧が高いことを示す概念。

持続携行式腹膜透析(Continuous ambulatory peritoneal dialysis (CAPD)): CAPDは、機械を使用せずに家庭で個人 が行うことができる透析形式である。この種類の透析では、 たとえば1日24時間、週7 回の間ずっと定期的な間隔で 腹膜透析液を交換する。

持続性周期的腹膜透析(Continuous cycling peritoneal dialysis (CCPD)): CCPD または自動腹膜透析(APD)は、自 動化された循環装置を使って自宅で毎日行われる持続的

な腹膜透析の形式である。CCPDでは、患者が夜に寝ている 間に、機械が液の交換を行う。この過程で、機械が自動的 に腹膜透析液を満たしたり、腹腔から腹膜透析液を排液す る。

自動腹膜透析(Automated peritoneal dialysis (APD)): 持続性周期的腹膜透析(CCPD)の項を参照。

静脈性尿路造影(Intravenous urogram(IVU)): 静脈内に ヨード造影剤を注入した後に、X 線で尿路系を撮影する検 査である。この検査により、腎機能と尿路系構造に関して の情報を得ることができる。

人工腎: ダイアライザー(dialyzer)の項を参照。

腎生検: 顕微鏡を用いた病気の診断を行うために、穿刺針 を用いて腎組織を採取する処置である。

腎臓専門医: 腎疾患を専門とする内科医。

腎不全: 腎機能の低下により、毒素や不純物を血液から十 分に濾過できない状態。血液中の尿素やクレアチニンの上 昇を特徴とする。

推定糸球体濾過量(eGFR): 推定糸球体濾過量は血清クレア チニン値や他の情報から計算されて出される数値である。 推定糸球体濾過量を推測する事で、どの程度腎臓が働いて

いるかがわかり、正常値は 90以上である。推定糸球体濾 過量はCKDの進行をモニターし、ステージ分類を行う上で 度々使用される。

先行的腎移植: 腎移植は透析療法をしばらく施行した後に 行われることが一般的である。維持透析導入前に腎移植を 行うことを先行的腎移植という。

前立腺肥大症(Benign prostatic hypertrophy (BPH)): 男 性が年齢を重ねるに連れて、前立腺が拡大することはよく 起こることである。前立腺肥大症は、高齢男性に起こる非 癌性の前立腺の拡大であり、それにより尿道を圧迫し、尿 の流れを遮断し、排尿の問題を引き起こす。

ダイアライザー: 腎臓の代わりをする人工物の事を指す。 ダイアライザーによる透析を行うことで、血液を濾過し、 さらに余分な水分を除去する事ができる。

体外衝撃波結石破砕治療(Extracorporeal shock wave lithotripsy:ESWL): 体外衝撃波結石破砕治療は、砕石器 から出る高密度の衝撃波を尿路結石に当てる方法である。 石は小さい破片となり、尿道を通過しやすくなる。体外衝 撃波結石破砕治療は腎結石の治療に効果的であり、広く使 われている。

タンパク質: 食事の三大要素の一つであり、身体組織を作 り、補修し、維持するのに関与する。豆類、卵、動物性食

材は、タンパク質の豊富な供給源である。

タンパク尿: 尿中のタンパク質が異常に高値である状態。

超音波: 痛みを伴わない診断的検査で、高周波の音波を利 用し、体内の臓器や構造物の画像を作成する。超音波検査 は単純かつ便利で安全な検査であり、腎臓の大きさ、尿路 の閉塞、嚢胞や結石や腫瘍などの存在について有用な情報 をもたらしてくれる。

電解質: 体内の重要な機能を担っている、血液中のナトリ ウム・カリウム・カルシウムなど多くのミネラル成分の事 を指し、電解質と呼ぶ。腎臓は血液中の電解質を常に一定 に保っているので、腎機能障害を呈する患者では血液検査 で電解質の状態を確認する。

動静脈瘻(Arteriovenous fistula (AV Fistula)): 動脈と 静脈を外科的に吻合することを意味する。一般的には前腕 に作られる。動静脈瘻では、多量の血液が高い血圧を伴っ て静脈に流れ込み、静脈の拡張をもたらす。静脈が大きく 拡張することによって、血液透析に必要である頻回でかつ 簡便な穿刺が可能になる。長い期間の血液透析のためには、 動静脈瘻の作成は最も広く行われていて最良の血管アク セスの方法である。

透析: 透析は腎臓が悪くなった患者の体内から代謝老廃物 や余分な水分を取り除くための人工的な手段である。

透析用カテーテル: 2つの管腔を持つ長くて柔らかい中空 のチューブである。血液は一つの管腔から引き出され、浄 化のために血液回路へと入り、もう一方の管腔から人体に 戻される。 ダブルルーメンカテーテル (透析用カテーテル) の挿入は、緊急透析および一時的透析のために最も広く行 われていて効果的な方法である。

糖尿病性腎症(糖尿病性腎障害): 長期に糖尿病を罹患する と腎臓内の微小血管で障害が引き起こされる。その障害に より、まず最初に尿タンパクの漏出が起こる。そして高血 圧を引き起こして腎臓が腫大し、腎臓に進行性の障害を与 える。その障害により最終的には重度の腎不全(末期腎不 全)が起こる。腎障害を引き起こした糖尿病の状態は、糖 尿病性腎症と言われている。糖尿病性腎症は慢性腎不全の 最も多くを占める原因となっており、新規発症の慢性腎不 全の内の 40−45%を占める。

Dwell time: 腹膜透析をしている間に、腹腔内に腹膜透析 液が入っている時間の事を Dwell time という。腹膜を通 して血液浄化が行われている時間の事である。

ドライウェイト: 透析によって体の余分な水分を除去した 後の、その患者の体重のこと。

ナトリウム: 体内のミネラルの一種で、血圧および血液量 を調節する。食事中のナトリウムの、最も一般的な形態は

塩化ナトリウムで、食卓塩そのものである。

ネフローゼ症候群: 子供により多く認められる腎臓の病気 であり、尿への蛋白排泄(3.5g/日以上)、血清総蛋白低 値、コレステロール高値、浮腫を特徴とする。

脳死: 脳死とは、あらゆる内科的治療および外科的治療で も回復しない重症で不可逆的な脳損傷の状態である。脳死 では、呼吸や血液循環は人工的に維持されている。

嚢胞腎(Polycystic kidney disease(PKD)): 嚢胞腎は最 も一般的な遺伝性腎疾患であり、腎臓での巨大な嚢胞形成 を特徴とする。慢性腎不全に至る原因のなかで4番目に多 い。

排尿時膀胱尿道造影: 下部尿路(膀胱・尿道)の解剖学的構 造を調べるのに使われる手法であり、カテーテルを挿入し て X 線で写る造影剤を注入する。患者に排尿してもらい、 X 線で撮影する。

半透膜: 特定の溶質および液体のみ選択的に通すが、その 他は通さない膜のこと。膜とは、薄い天然の組織または人 工素材のことである。

泌尿器科医: 腎病変を専門に扱う外科医。

微量アルブミン尿: 少量ではあるが、尿中に異常量のアル ブミンが排泄されていることを示す。アルブミン尿の存在 は、糖尿病による腎疾患の発症早期を示唆する。

貧血: 血液中でヘモグロビンが低下した健康状態のことで ある。貧血によって、衰弱、疲労感、労作時の息切れが起 こる。貧血は慢性腎不全ではよく起こり、腎臓でのエリス ロポエチンの産生低下によって起こる。

腹膜炎: 腹腔内での感染である。腹膜炎は腹膜透析の一般 的な合併症であり、治療しなければ、生命を脅かす可能性 がある。

腹膜透析: 腎不全に対する有効な治療方法である。腹膜透 析による浄化の過程で、まず特殊なカテーテルを用いて透 析液を腹腔内へ注入する。この透析液により、血液から不 純物や過剰な体液が除去される。透析液は、時間をおいて 腹腔内から除去され、廃棄される。

ペア腎移植: 多くの末期腎不全患者は、健康で意思のある 潜在的な腎臓ドナーを有するが、血液型やクロスマッチ不 適合の問題がある。ペア腎臓提供とは、二組の不適合ドナ ー・レシピエントペアの間で、生体ドナーの腎臓をそれぞ れがペアではないレシピエントへ提供することで、二組の 適合ペアをつくる手法である。

ヘモグロビン: 酸素を肺から全身組織へ運び、二酸化炭素 を組織から肺へ戻す赤血球内の蛋白分子である

膀胱鏡検査: 医師が細くて光が付いている膀胱鏡と呼ばれ る器具を用いて、膀胱や尿道の中を見る診察法。

膀胱尿管逆流症Vesicoureteral reflux(VUR): 膀胱から尿 管、時には腎臓まで尿が逆流する異常状態のことである。 VURは、解剖学的・機能的異常によるもので、片側・両側 のいずれも起こりうる。VURは尿路感染の主要な原因であ り、小児の高血圧や腎不全の原因となる。

末期腎不全(Endstage kidney disease : ESKDもしくは Endstage renal disease ESRD):進行した慢性腎臓病(CKD ステージ5)は末期腎不全と呼ばれる。このステージとな ると、ほとんど腎臓として機能していない状態となってい る。末期腎不全となった患者は、通常の生活を過ごすため に、透析や腎移植などの治療を行う必要がある。

慢性腎臓病(Chronic kidney disease (CKD)): 数ヶ月また は数年にわたって徐々に進行し不可逆性の腎機能の障害 は慢性腎臓病と呼ばれている。この不治の病気では、腎機 能は緩徐にかつ連続的に低下する。長い年月を経て、腎臓 はほとんど完全に機能を停止した段階にまで低下する。こ の進行性で生命を脅かす病の段階は、末期腎不全(End Stage Kidney Disease(ESKD))と呼ばれている。

免疫抑制薬: 体内の免疫システムを抑制し、移植臓器に対 する拒絶反応から身を守る薬剤である。

利尿薬: 尿量を増やし、尿という形で体内からの水分排泄 を促す薬剤のことをいう。利尿薬のことを別名「water

用語集
wikipedia
Indian Society of Nephrology
nkf
kidneyindia
magyar nephrological tarsasag